猫の領域

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

猫は縄張り意識を持っている

猫は、習性として縄張り意識があります。
完全に家の中だけで飼われているような猫はともかく、放し飼いの猫や野良猫の場合、そのテリトリーはかなりの広さであることが多いです。

猫のテリトリーは、6つの領域に分けられます。
広い順番に、生活圏、縄張り、社会的距離、逃走距離、臨界距離、個人的距離となり、個人的距離が最も狭い領域となっています。

猫の生活圏

最も広い領域である猫の生活圏とは、ホームレンジとも呼ばれ、猫が日常的に行き来している範囲のことです。
イギリスのケンブリッジ大学が1988年に行った調査結果では、屋外で暮らしているメス猫の平均的な生活圏は約1.7平方キロメートル(ディズニーランド約3.5個分)、オス猫の場合で平均が約6平方キロメートル(ディズニーランド約13個分)もの広さに及んでいました。

ですが必ずしも一定の広さを生活圏とするのではなく、メス猫の場合は食べ物の豊かさによって大きく変動があることも分かっています。
そして、自由に放浪しているようなオス猫の場合は、生活圏が不明瞭であることが非常に多いです。
メス猫の生活圏は食料の豊かさによって決まりますが、オス猫の生活圏はメス猫の存在によって決まるからだと考えられています。
メス猫を探して歩き回っているために、オス猫の生活圏はメス猫の約3.5倍にまで膨らむのです。

猫の縄張り

縄張りはテリトリーとも呼ばれ、自分のにおいによって他の猫が侵入するのを拒む領域のことです。
猫にとって監視できる程度の範囲が縄張りと決められ、そうすると猫はそこを定期的に巡回するようになります。
その際、スプレーと呼ばれる尿を用いてマーキングしながら歩いていきます。
これは、普通のおしっことやり方が違い、尻尾を高く上げながら後方に撒き散らすようにして排出します。
また、縄張りの辺縁部では糞便を隠すことなく、そのまま残していることがあります。
縄張りを示すもののようにも思えますが、実際に縄張りの目印としての機能を果たしているのかということは、いまだに分かっていません。
室内飼いの猫にも縄張りがあり、部屋の中でもスプレーしてしまうことがあるので、飼い主を悩ませていることも多いです。
なお、オス猫の縄張り同士は、生活圏とは違って重なることがほとんどありません。

猫にとっての狭い領域

猫の6つの領域のうち、これまでの2つはかなり広い範囲でしたが、残り4つはじっとしていても視界に入る範囲となります。
社会的距離は、部外者が入るのを許される限界の距離です。
逃走距離はフライトディスタンスとも呼ばれ、争いを回避するために猫が逃げ出す距離で、平均して2mほどですが警戒心の強い母猫や子猫の場合、少し長くなります。
臨界距離は、やむをえないと判断して攻撃に転じる距離です。
猫は第一に、怪我をしないように争いを避けますが、臨界距離に入ると攻撃される危険性があります。
個人的距離は、身体的に接触することも許すほど親密になった時に入れてもらえる距離です。