つめとぎは大事

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

つめとぎは大事

猫を飼っている人には当たり前のことですが、猫には爪研ぎが欠かせません。
猫の爪は放っておくと自然に伸びていき、しばらくすると古い爪が剥がれてその下から新しい爪が現れるという仕組みになっています。
そのため猫は、本能的に古くなった爪を何かに引っかけてそれを剥がすという行動をとり、それが猫の爪とぎなのです。
猫を飼ったことのない人のイメージでは、爪にやすりをかけてとがらせるようなイメージを持っている人も多いようですが、実際はそうではなく、「さや」を取り外すような感じなのです。
そして、そのために猫が好むのは表面が少しざらざらした平たい場所。
そのため、段ボールの断面をつなぎ合わせたものや、板の表面に荒縄を巻いたものが良くつめとぎとして利用されます。
また、カーペットや木を使ったタイプもあります。
どのタイプの爪研ぎを好むかは猫によってさまざまなので、飼い始めた時にはいくつかのものを試してみるといいでしょう。

猫にとっての爪研ぎは、本の的なものであることに加えて、ストレス解消や、自分の存在を示すマーキングの意味もあります。
マーキングは、猫にとっては猫社会のなかで自分の存在を他の猫に知らせるための大切な手段。
たとえ家の中で飼っている猫であっても、これは禁止することのできない習性なのです。
また、気持ちを落ち着けたい時にも猫は爪研ぎを行いますので、これはさまざまな意味で猫にとって大切なのですね。
飼い主のなかには、爪切りを使って猫の爪を切っているという人もいます。
これは、人をうっかり傷つけないようにすることや、カーテンなどに爪を引っかけて事故が起きることを防ぐという意味で意義のあることですが、だからといって爪研ぎを置かなくて良いということではありません。
爪研ぎを家の中に置かないままにしていると、家の壁紙や柱で爪研ぎをしたり、人間の服などを対象にしたりと被害が大きくなっていきます。
そのため、猫を飼うときにはまず、爪研ぎを用意してあげてください。
爪研ぎには単純な平たい板状のもの以外にもポール状のものや、中にマタタビやキャットニップの入ったもの、剥がれた爪が飛び散らないようにガードのついたものなどバリエーションは豊富。
しかし飽きっぽい猫のこと。高価な爪研ぎを買ってもすぐに飽きられてしまう可能性も高いので、まずは手頃な値段のものから始めてみてはいかがでしょうか。
そして、表面がぼろぼろになったらはやめに交換することも大切ですよ。