ペット保険に入りましょう

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

bsSSK_minatabokkowosururetoribar

ペットを飼っている人にオススメなのが、ペット保険(例:ペット保険のPS保険)です。
ペット保険に関しては、強制ではなく任意なのですが、動物病院をやっている側からすると「加入しておいた方がいい」と申し上げたいです。
なぜなら、ペットの治療費と言うのは、時に馬鹿にならないくらいのお金がかかるからです。

ペットは、若いうちは比較的元気ですが、年をとる様になると体の不調を訴える様になります。
思う様にエサを食べなかったり、だるそうにしていたり・・・時には、その症状の中に大きな病気が隠れていることも。
動物病院にいらっしゃる方は、皆さん「ペットは家族の一員だ」と言う考えをお持ちですので、最愛のペットに何かがあった場合は「できるだけのことをしてあげたい」と考えられることがほとんどです。
でも、長期にわたる治療になると、人間以上の治療費がかかってしまうことがあるのもペット。
どんな治療をするかにもよりますが、入院ともなると10万以上の請求があることも珍しくありませんし、癌の様な思い病気だと50万近い治療費がかかる場合もあります。
亡くなる直前の猫の命をつなぐ為に、月に15万の治療費を払い続けたという例も。
ここまで治療費が高くなると、「ペットは大切な家族の一員だから」と言う気持ちだけでは、金額の支払いをすることが難しくなります。

動物病院には、毎日色々な病気や怪我を抱えたペットがやってきます。
中には、短期間では治療をすることが難しいペットや、治療をしたとしても後遺症が残る可能性があるペットもいます。
そういうペットの場合、飼い主さんも「本当は治療費を出してあげたいけれど、金銭的に難しい・・・」と言う理由で、治療を断念することも。
この場合、ペットも必要な治療を受けられなくなりますし、飼い主さんも「自分たちの力が及ばずに、ペットを助けることができなかった」と言う罪悪感にさいなまれることになり、双方が辛い思いをします。

この様なことがない為にも、当院では「ペット保険への加入」をオススメしています。
ペット保険は安いものではありませんが、猫や犬が怪我や病気をしてしまった時、保険を使うことが出来るというのは大きいです。
10万を越える入院費が1万円で済むなど、金銭的な負担が減るのは大きなメリットでしょう。
万が一の時、ペットにできるだけの治療をしてあげたい!と言う人に、ペット保険はお勧め。
最近は、自分でペット保険について調べ、加入をするという飼い主さんも増加しています。

ペットの万が一を考えている飼い主さんに、ペット保険はお勧めです。