犬の熱中症対策

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

かつては、犬を飼うというと庭に犬小屋をおいて飼うというスタイルが一般的でした。
しかし最近は住宅事情がかわり、庭のない家が増えたこともあり、室内で犬を飼うことも増えてきました。

屋外で家を飼うことは、熱中症を予防するという観点からも、とても効果があります。
かつては、夏であっても最高気温はせいぜい東京でも30℃程度であり、このくらいの気温であれば、犬もじゅうぶん耐えることができた温度でした。
しかし最近は、最高気温が35度を超えることもめずらしくなく、毎年夏になると熱中症の問題が大きなニュースになるくらい、日本の気候は変化してしまいました。

そのため、犬を外で飼うことは、熱中症のリスクを防ぐという意味でも必要なこととなっているのです。
また、室内であっても熱中症のリスクはあります。
そのため、室内外の犬についても、熱中症対策というのは必要になるのです。

たとえば、夏に締め切った室内でエアコンを付けずにいると、室温はあっという間に上昇していきます。
そのため、エアコンを弱く付けた状態で出かけるなどの対策が必要となるのです。

同様の理由で、車で移動する場合にも注意が必要です。
人間が一緒に乗っている場合は、当然エアコンをつけているでしょうから、問題ないはずです。
しかし、車内に犬を残して買い物などをする場合、わずかな時間であってもあっという間に気温があがり、熱中症になってしまうことがあるのです。

「ペットだけのためにエアコンをつけるなんて勿体ない」「ぜいたくだ」などと考えるのは、現代の異常気象の夏には通用しない考え方。
ペットの安全を守るためにも、きちんとペットに対してもエアコンを使うことが必要なのです。

また、散歩に行く場合にも、注意が必要となります。
ペットというのは、人間に比べて地面に近い場所をあるいています。
つまり、真夏の熱くなったアスファルトの熱を人間以上に受けとってしまうということ。
また、人間のように靴をはいているわけではありませんから、足の裏の肉球を痛めてしまう可能性もあります。

そういったことから考えると、犬の散歩は真夏の昼間はさけ、気温の下がった早朝や夜などに行うのがいいでしょう。
とくに暑さに弱い種類の犬の場合には、こういった配慮は欠かせないものとなります。
また、肥満のある犬の場合にも暑さで体調を崩しやすくなるので、注意が必要ですよ。