日本のペットショップ事情

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

日本では、「できれば子犬や子猫のうちからペットを飼いたい」と言う人がほとんど。
だからこそでしょうが、日本のペットショップで販売される犬や猫は赤ちゃんが多いです。
子猫や子犬の方が環境に慣れやすく、育てやすいということもあるでしょうが、やはり「子猫や子犬の方がかわいい」と言う理由で購入を考える人が大半でしょう。
しかし、日本のペットショップの実態は、決して子猫や子犬にとっていいものとは言いがたいそう。

そんな日本のペットショップの現状について、取材した番組がありました。
フジテレビ:「命の現場 ショーケースの子犬はどんな夢をみるか」

深夜の歓楽街で、キラキラしたショーケースの中で売られる子犬や子猫たち。
その外見がかわいいからでしょうか、行きかう人々が次々と子犬や子猫を抱っこします。
そんな状態の中で、子犬や子猫たちは眠くても眠ることができません。
日本の法律では、ペットショップに時間の規制がないので、夜中であっても営業することは違法ではありませんが、この営業方法はペットたちに大変な負担をかけてしまいます。
人間の子供が似た様な状況に陥った場合のことを考えてみて下さい。
どれだけ過酷な状況かというのが、想像できると思います。

この状態がずっと続くと、子犬や子猫は疲れ切ってしまうでしょう。
現に、この状態で販売されている子犬や子猫は、疲労感を隠し切れない状態で販売されていたそうです。
生活パターンが狂い、障害が残ってしまう可能性もあり、私たちが思うより影響は大きいです。

そもそも、生まれて一ヶ月ほどで親から離して育てられるということも良いことではありません。
日本では、ペットは小さいほうがかわいいと言われているので、本当に小さい状態のうちから親と引き離されてしまいます。
更に、日本ではペットをぬいぐるみの様な感覚で飼う人がまだまだ多い。
特に、深夜までペットを販売している様なお店だと、男性が女性にブランドバッグを買い与える感覚で動物を飼ってあげるというケースも目立ちます。
こういう方法で飼われた犬は、「飽きたら保健所連れて行かれる」「捨てられる」と言うことも多いと私は考えています。

ペットショップには、かわいい子犬や子猫がたくさん売られていますが、その子犬や子猫たちにとっては「決していい環境ではない可能性もある」と言うことを、頭に入れておいてほしいと思います。
そもそも、ペットショップで動物を売るというのは人間の都合に過ぎません。
ペットたちのためにも、「ペットにとって本当にいい環境」を考える必要があるのではないでしょうか。