首輪選びのポイント

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

外で犬を飼う場合はもちろんですが、室内飼いの犬や猫の場合でも、万が一の脱走や迷子に備えて首輪をつけることが欠かせません。
ペットの首輪にはたくさんのものが販売されており、その価格や素材もさまざまですが、ペットの首輪を選ぶ場合にはいくつかのコツがあるのをご存じでしょうか?
まず、どのようなペットにとっても大切になるのが、ペットの体格にあったものを選ぶこと。
首輪には対象となるペットのサイズが表示されていますから、購入時には必ずチェックしてくださいね。
また、素材が固すぎると首輪をした部分の毛がこすれてペットにとっては苦痛になってしまうので、なるべく柔らかい素材がおすすめです。

そして猫の首輪を選ぶ場合にとくに注意したいのが、何かに引っかかったときに簡単に外れるしくみであるかどうかという点です。
猫の場合、犬と違って木に登ってその枝に首輪が引っかかってしまう、ということが起こる可能性があります。
そのような時に首輪が外れないと「首つり」状態になってしまいとても危険。
強く引っ張られると外れる金具などを間に挟み、そのような事故を防ぐ仕組みになったものを使うことが猫の首輪を選ぶ上では重要なのです。
また、猫の首輪というと鈴がついたデザインにも根強い人気があります。
アニメのキャラクターなどに登場する猫は、首輪の正面に鈴のついた首輪をしている例が多いのですが、これは実用性の面ではやや問題があります。
実際にこのタイプの首輪を猫につけたことのある方ならすぐに分かるかもしれませんが、それは猫がエサを食べたり水を飲んだりするときに食器に当たってしまうのです。
食事のたびに鈴がカチャカチャと食器に当たるのはけっこう耳障りなもの。猫にとっても心地のいいものではないかもしれません。
そのため、最近の首輪では首輪の横の部分に小さな鈴がついたタイプが増えているのですが、鈴付き首輪を使う際にはやはりこのタイプがおすすめです。

犬の場合には、その犬の情報が書かれた「鑑札」をつけることが必要ですが、この鑑札を可愛いホルダーに収めるこのことのできるグッズも売られていますよ。
また、飼い主の連絡先や住所を記した迷子札も、首輪にぶら下げるタイプのほかに細長いプレートを首輪に取り付けるタイプやペンダントのようなおしゃれなデザインなど、飼い主も楽しめるようなものがたくさんあるので、楽しみながら選んでみるといいかもしれませんね。