犬のオスとメス

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

犬はオスとメスのどちらが飼いやすいのか?

初めて犬を飼おうとした時、犬種だけでなくオスとメスのどちらを飼うか、かなり迷うものです。
初めてではなかったとしても、前に飼っていた犬と同じ性別にするか、違う性別にするかで迷う人もいます。
初めての人は特に、飼いやすい性別がどちらかということを気にして悩む場合もありますが、一般的にはメスの方が飼いやすいと言われています。
しかし、オスの方が飼いやすいという意見も少なくないので、ますます悩んでしまうかもしれません。

メスの方が飼いやすいという意見の理由

子犬の頃から飼い始める場合、メスの方が落ち着くのが早かったり、オスのようなやんちゃさがなかったりということがあります。
そのため、オスよりメスの方が飼いやすいと言われます。
また、おしっこをする時に、オスのように足をあげてすることがないので、室内にトイレを設置していても汚れにくいですし、もしもトイレ以外の場所でしても掃除がしやすいということがあります。

また、散歩に連れて行く時も、メスの方が楽だと言われます。
これは、オスだと辺りに縄張りのマーキングをしますし、他のオスに吠えて喧嘩になることもあるからです。
それだけでなく、発情期にあるメスがいた場合、においを嗅いで回るため困ることがあります。

体の大きさについても、犬種が同じであればオスよりメスの方が小さめで、扱いやすいからメスの方が良い、という意見が多いのです。

オスの方が飼いやすいという意見の理由

反対に、メスよりオスの方が飼いやすいという人もいて、その意見にも納得できるものが多いですが、人によってはメスの長所が逆に短所に感じるという内容もあります。
特に、メスは成長すると落ち着くのですが、それがつまらないという意見があります。
オスの方が、成長してからもやんちゃで活動的なので、一緒に遊んでいて楽しいということなのです。

また、オスだけではなく実はメスもマーキングはします。
中には、マウンティングするというメスもいるのです。
トイレについてもオスは足を上げてするので、室内でさせにくいという人がいますが、工夫してしつけをきちんとしてあげれば、オスのトイレを室内にしても問題ないのです。
何より、メスは発情期になると出血しますし、散歩に連れて行くこともできません。
しかし、オスにはそのような心配をする必要がありません。

体の大きさも小型犬であれば、オスもメスも変わりません。
大型犬だと、実際にオスの方が大きくなりますが、大きい方が堂々としていて大型犬らしいですし、何よりかっこいいという意見もあります。

これらの意見を見ていると、オスかメスかというのが問題なのではなく、飼い主が何を問題としてとらえるのか、ということが一番の問題と言えるかもしれません。