マイクロチップ

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

万が一のために、マイクロチップの装着を

最近は犬も猫も室内で飼われることが多く、飼い主とはぐれてしまう…ということは少なくなってきました。でも、特に猫の場合は「脱走して、どこかに行ったまま帰ってこない」ということがあり、迷子になる可能性が高くなります。
猫を飼っている家の場合は、ドアを二重にするなどして脱走にはかなり気を使っていることが多いのですが、こういった配慮をしていても「ある日突然、猫が出て行ってしまった」ということがありますので、注意をしなければなりません。
最悪の場合、外で車にひかれたり、病気になってしまう可能性もあります。
大切なペットにこの様なことがあったら、それは後悔ではすみません。
そこで、今は「マイクロチップの装着」をお勧めしている病院が増えています。

マイクロチップのメリットは、「万が一ペットとはぐれたとしても、マイクロチップが身分を伝えてくれる」という点です。もしどこかで拾われたとしても、犬や猫は自分の住んでいる場所を説明できません。
だから、人間の方で「どこの●●ですよ」という証明を犬にしてあげる必要があるのです。
いわば身分証明になりますので、ペットを飼っている人はこのマイクロチップの装着を考えてみて下さい。

一部の動物にはマイクロチップの装着が義務に

一部の動物には、マイクロチップを埋め込むことが義務とされています。
例えば、危険な動物がだっそうしてしまったばあい「居場所が解らない」ではすまなくなりますよね。
早くに居場所を特定して、捕まえなければけが人がでるかもしれません。
なので、こういった動物には「必ずマイクロチップを付けること」が義務付けられていますので、必ずつけています。犬でも、ちょっと人にとびかかるような犬には必ずつけてほしいですよね。
最近でも、土佐犬が人を襲って殺害をしたという怖いニュースがあったばかり。
この様な事件があったとき、土佐犬の居場所を特定するためにもマイクロチップは必要です。

体に埋め込むので、落ちることはない

マイクロチップは、体に埋め込むのでいちど埋めれば二度と外れることがありません。
迷子対策ではなく、震災で離ればなれになってしまった時でもマイクロチップは役立ちますので、ぜひともこのマイクロチップをつけておくことをお勧めします。
大切なペットを守ることにもつながるマイクロチップ、つけておいて損はないと思いますよ。