夏場の体調管理

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

暑い季節になってくると、毎日生活するだけでも大変ですよね。
私たち人間ですらそうなのですから、ましてや毛皮を着ているワンちゃん、ネコちゃんならなおさらです。
夏場のペットの体調管理においては、暑さ対策をまず優先的に考える必要があります。
まず、屋外で飼っているワンちゃんの場合。
このような場合は、まさに直接的に暑さの影響を受けることになりますから、とくに配慮が必要です。
夏の屋外というのは想像以上に暑いもの。
天気予報での最高気温が36℃などの高温になることも最近は珍しくありませんが、地面に近い場所で生活する犬にとっては実際はそれ以上に高い熱を受けているのです。
最近は住宅事情などで土の庭でなく、アスファルトやコンクリートで舗装されたスペースに犬小屋を設置することもあるかもしれませんが、そのような場合、その部分の気温は40℃を軽く超えてしまいます。
そのため、犬小屋の床にすのこを敷いて風通しを良くしたり、日差しをよけるためのひさしを設置することが昼用となってくるでしょう。
また、それでも気温が高いという場合には、室内のエアコンの風が外にながれるように窓を少し開け、犬がその場所へ移動できるように工夫することも必要になってくるかもしれません。
また、もし可能であれば夏の暑い時期だけ犬を室内に入れるという選択肢も考えてみてください。

ネコの場合は主に室内での飼育となると思いますが、その場合も熱中症に配慮が必要なのは同じことです。
とくにネコだけを留守番させて家をあける場合、室内が極端な高温になることのないように配慮することを忘れないようにしましょう。
扇風機をつけたままにしておいたり、エアコンの除湿や送風のモードを弱くつけておくのが最も確実ですが、防犯ロックなどを施した上で窓を少し開けておくだけでも効果はきたいできるでしょう。
また、ネコの場合に暑さ対策に併せて注意したいのは、エアコンで冷えすぎてしまうことです。
ネコはご存じのとおり暖かいところを好む生き物ですから、クーラーの効きすぎた部屋は好きではありません。
ネコが寒くなった時にクーラーの効いていない部屋に移動できるようにキャットドアを設置したり、クーラーを弱めにすることを心がけるなどの配慮をするようにしてくださいね。
暑い季節は人間でも気が滅入ってしまうものですが、早めの準備と工夫でペットと一緒にしっかり夏を乗り切ってください。