ペットを飼うなら、保健所を先に

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

多くの家庭にとって、ペットは家族同然の存在です。
でも、残念ながら世の中には、責任を持ってペットを飼ってくれる人ばかりでないことが現実。
ペットを飼ったのはいいものの、「やっぱり育てられない」と捨ててしまう飼い主もいますし、ペットに避妊や去勢をせず、生まれてしまった子犬や子猫を捨てる人もいます。
ペットを飼ったら、最後まで飼育するのは当たり前。
子供を産んだ時に育てられないなら、避妊や去勢をしておくことも当たり前。
多くの飼い主さんは、これらのことをしっかりとしてくれていますが、中には途中で責任放棄をしてしまう人もいるのです。

この様にして捨てられたペットの行き先は「保健所」。
ご存知と思いますが、保健所に連れて行かれた動物は数日で殺処分にされてしまいます
そして、安楽死ではありません。
何も言わなくても、動物たちは自分が殺されるということが解っているので、保健所に連れて行かれた動物と言うのは、とても悲しそうに鳴きます。
これらの自体を重く見た愛好家や団体が、「ペットショップにペットを飼いに行くよりも、まず保健所に行って、ペットにする動物を探してみてほしい」と呼びかけています。

赤ちゃんペットの里親募集!:保健所で殺処分を待つ犬・猫達

保健所に連れて行かれる犬や猫には、飼い主がいたものもいれば、そうでないものもいます。
飼い主がいた犬や猫の場合、トイレなどのしつけができていることも多いので、自分で1からしつけをする手間が無いといういい点も。
子猫や子犬を求める人が多いそうですが、大きくなった犬や猫でも、よく人に懐いてカワイイです。
ペットショップに行く前に、できれば保健所に行って飼うことができる犬や猫がいないかを見て欲しい。
これは、動物に携わる人間としてのお願いです。

また、里親探しの掲示板を利用して、ペットを探すという方法もあります。
この様な掲示板では、飼っている猫や犬が産んだ子供の里親を探すケースも多いので、子猫や子犬に出会う可能性も高くなります。
どうしても子犬や子猫が良いという人は、この様なサイトを利用してみると良いでしょう。

里親探しの掲示板は、自分が犬や猫を拾った時にも利用することができます。
拾った犬や猫の飼い主がどうしても見つからなかった場合、殺処分が決まっている保健所に連れて行くのではなく、この様な掲示板を利用して、里親を探してみて下さい。
今はツイッターや動画サイトを利用して里親を探す人もおり、この様な方法だと高い確率で里親が見つかると言われています。
動物にとって、一番いいと思える選択をしてあげてほしいなと思います。