子犬のシャンプー注意点

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

生まれたばかりの子犬はシャンプーしないで

生まれたばかりの子犬を引き取って飼いはじめた人からよくある質問として「シャンプーはいつごろからしてあげるのがよいか?」ということがあります。

犬のシャンプーは皮膚を清潔にして皮膚炎を防ぐとともに、散歩のときについてしまったノミやダニを追い出す役割があります。

ですが野生の犬はそもそもシャンプーということ自体をしないように、犬の生命に直接的に関係をすることではありません。

人の場合は定期的にきちんとお風呂に入らないと明らかに不潔になってしまいますが、犬の場合には逆にあまりにも頻繁にシャンプーをしすぎてしまうとそれが原因で病気を招いてしまうこともあります。

まして子犬の時期というのはまだ健康状態が安定せず外界からの刺激に大変弱いので、刺激の強いシャンプー剤を使ってしまうと皮膚表面に備わっている免疫力を残ってしまうこともあります。

一般的な目安としては生後3ヶ月未満の子犬に対しては本格的なシャンプーをすることはやめておき、もしどうしても強い汚れをとりたいという時には絞った布で体を拭いてあげるなど別の方法をとってください。

生後3ヶ月を過ぎてからであっても6ヶ月未満まではあまりシャンプーの頻度を高めることはしないで、だいたい月に1回くらいのペースで行うようにしましょう。

成犬であっても月1~2回シャンプーをすれば日常の汚れは十分にとることができます。

シャンプーで体調を崩してしまう子犬もいます

一応は生後3ヶ月くらいがシャンプーデビューの目安ですが、それを超えてからのシャンプーであっても子犬が体調を崩してしまうこともあるので十分やり方には注意をしたいところです。

まず一番注意が必要なのはシャンプーをする時の気温です。

冬場の気温が全体的に低い時期では水に濡らした状態が長くなると一気に体温が低下してしまい、抵抗力のない子犬はすぐに風を引いてしまいます。

人の体も同じですが、皮膚の上に水分がついてしまうとそれが体温によって蒸発し空気中に水蒸気として放出されるのでこのときに皮膚表面の熱を奪っていってしまいます。

いわゆる気化熱の原理ですが、子犬の場合は体も小さいですし自分で体温を調節する機能が十分に備わっていないので、短時間での水濡れでもかなり体温を下げることになってしまいます。

浴室を温めてからシャンプーをするとともに、終わったらすみやかに水滴を拭き取りドライヤーまでかけてあげるようにしましょう。

短毛種なら無理にシャンプーしなくてもよいです

子犬のシャンプーですが、もし犬種が短毛のものならばむりにシャンプーをする必要はありません。

シャンプーをしてしまうとどうしても犬本体が持つ体臭がなくなってしまうので、自分の縄張り意識が強い犬ほど強い抵抗感を持つようになってしまいます。

またシャンプー剤として洗浄力が強いものを使用すると皮膚表面にある皮脂も落としてしまい、外界の刺激である紫外線やホコリを防ぐことができなくなり皮膚を痛めてしまうことにもなります。

短毛種の場合は皮脂が落ちすぎてしまったときに受ける刺激も強くなるので、長毛種と同じスパンでシャンプーをしてしまうのは逆効果になってしまいます。

バグ犬やミニチュアブルドッグのような犬の場合には毛並みそのもののシャンプーの必要性は高くないのですが、シワの多い顔や垂れた耳の中など部分的に定期的に清潔にしてあげないといけない部分があります。

そうした場合には本格的なシャンプーよりむしろ絞ったタオルと部分洗浄液などを使って顔や体を拭いて上げたほうがずっと健康維持に役立ちます。

あまり期間や一般的な方法にだけにとらわれず、その犬ごとに必要なケアは何かを飼い主さん自信が考えてあげるようにしてください。