寒さとペット

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

冬の寒さというのは、人間にとってもとても辛いもの。
そしてそれは、犬や猫といったペットにとっても同じことです。

一般的なイメージとして、「犬は寒さにつよい、猫は寒がり」というイメージを持っている人が多いかもしれません。
童謡の「ゆき」の歌詞の中でも、犬は雪が降ると喜んで庭を駆け回って遊び、猫は家の中のこたつで丸くなって眠っているという光景が描かれています。

しかし、犬にもさまざまな種類があり、そのすべてが寒さに強いというわけではありません。
当然のことですが、寒い地域の出身の犬種であれば寒さには比較的強く、暑い市域の犬種は寒さには弱いという性質を持ち合わせています。
つまり、自分の家のペットが本当に寒さに強いのかどうかを知るためには、その種類の特性やツールなどまできちんと知っていなければならないのです。

このことは、猫についても同じです。
猫のばあいは、とりわけ寒さに強い種類というものはあまり存在しませんが、それでも種類によってとくに寒さに弱いものと、それほどでもないものに分かれます。

犬にしても猫にしても、寒さに弱い種類のものを飼っている場合には、とくに寒さ対策や、ペットがしっかりと暖をとれる環境作りというのは重要になるでしょう。

一般的に、可足の長い被毛も持った犬や猫は自分の毛皮で暖まることができるため、比較的寒さに耐性があるようですが、毛の短い種類や、あるいは突然変異型の無毛種などでは、自分の被毛を使って体を温めることが難しいために、寒さに弱いと言われています。

冬の寒い時期にペットが快適に過ごすためには、家の中に一定の温度を維持した場所を作っておくことが大切になります。
とはいえ、人間が家を空ける間もエアコンを回しているのではもったいないですし、ストーブをつけたままにすることは、安全の面で問題がありますよね。

そんなときにぜひおすすめしたいのが、ペット専用のヒーターです。

これは犬や猫のベッドに置くことで、熱すぎず寒すぎない、ちょうどペットが快適に感じられる温度でパネルをあたため、寒い時にはその上で寝れば暖まることのできる環境を作ることのできる製品です。

このようなペットヒーターは、最近では多くのメーカーからさまざまなタイプのものが発売されていますから、自分の家のペットにあったタイプのものを探してみるのも良いかもしれませんね。