猫を室内飼いする時の注意点

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

最近は、住宅事情や交通事故防止のために、猫を室内飼いにする飼い主さんも増えています。
猫を室内だけで飼うには、いくつかの注意点があります。

まず、室内で飼うと決めたら、絶対に外に出さないこと。
「今日だけは特別」などということは、猫には通用しません。
そして、一度外の味を覚えてしまった猫を室内飼いに戻すことは至難の業といえるでしょう。
ご存じのとおり、猫は犬のように飼い主に忠実に従うような生き物ではありません。
一度外の楽しさを知り、「外に行きたい!」と思った猫は、すきを見ては脱走を繰り返すようになります。
飼い主につかまらないように急いで走り出すために、普通に外を歩く場合よりも交通事故などのリスクも大きくなってしまいます。
そして、そのようにたびたび逃げ出す猫を厳しく叱ったりすると、叱られるのが嫌な猫はやがて、家に帰ってこなくなる可能性すらあるのです。
そうなってしまったら、猫も飼い主もお互いに不幸ですよね。

「猫を家の中だけに閉じ込めておくなんて、かわいそう」と言う人もいますが、外に出たことのない猫にとっては、室内飼いは苦痛にならないようです。
その猫にとっては、家の中が自分の世界のすべて。
家の中で遊ぶだけでじゅうぶんなのです。
ただし、運動不足にならないような配慮は欠かせません。
猫にとって大切なのは、上下方向に移動する動き。
これをしないと、筋肉が弱ってしまいます。
そのため、猫を室内飼いする時には、猫が上り下りして遊べるような場所を用意します。
もし、家に階段があれば、そこはかっこうの遊び場になるでしょう。
そのほかにも、タンスやカラーボックスなどの家具を階段状に並べて、猫が登れるように工夫することもできます。
専用の「キャットタワー」というものもあり、こちらはタワーの途中に隠れて遊べる箱がついていたり、ネズミのおもちゃがぶら下がっていたりと、猫の好きな遊びの要素が凝縮されています。

もうひとつ、室内飼いで注意したいのが、冷房や暖房などの室温調整です。
人間が快適に感じる温度が、猫にとっても快適とは限りません。
とくにクーラーの効きすぎた部屋は猫にとって負担になりますから。注意が必要です。
また、抜け毛の季節にはこまめに掃除機をかけて抜け毛を取り除くことも必要になってくるでしょう。
これは人間のアレルギーを防ぐためにも欠かせないことです。

猫が楽しく、健康に過ごせる空間を作ることができれば、室内飼いはとても安全な猫の飼い方となります。
交通事故だけではなく、感染症などの病気からも猫を守ることができますよ。