実はストレスになっている愛犬を預けるという行為

投稿日: カテゴリー: ペット豆知識

犬にも内気と外交的という性格があります

犬を飼育しているとどうしても一緒に連れていくことができない長期の留守期間が出てしまうものです。

飼い主さんの家族が完全に家を空けてしまうという場合、1泊2日以上の日程ならどこかに預けるなど誰か世話をしてくれる人に依頼をするのが望ましいでしょう。

ここ最近のペットブームを反映する形で、全国にはペットホテルや動物病院やペットサロンで一時預かりをしてくれるサービスが登場してきているのでもよりの場所で探してみればいくつか選べる場所を見つけることができるはずです。

ですがそんな飼い主さんにとってはとても使いやすいサービスも、使い方によっては愛犬に大きなストレスを与えてしまうことになるので注意が必要です。

犬は非常に賢い動物であることから、個体ごとに個性がありそれぞれの性格により心地よい空間の感じ方が異なります。

好奇心が強く社交的な犬の場合ならペットホテルのような全く知らない場所に預けられてもそれほどストレスを感じることなく過ごすことができます。

反対に内向的で人見知りが激しい犬の場合には、いきなりなんの準備もなく普段過ごしている自宅と全く違った場所に連れだされてしまうとそれだけでかなり精神的に強いプレッシャーを感じてしまうことになります。

犬を預ける場合にはサービスの内容だけでなく犬の性格面などもきちんと配慮をして最もよい方法を探すようにしてあげましょう。

子犬のうちから慣らしておく

犬を飼っているということは突然の留守の可能性は常にあるということをまず意識しておかないといけません。

旅行や外泊はある程度調節することはできるかもしれませんが、例えば身内の祝い事や葬儀のために遠方まで出かけないといけないということになったり、仕事の都合でどうしても家を空けないといけなくなるということも十分考えられます。

ですので犬を飼いはじめたらできるだけ早い段階のうちから留守中にどういった方法をとるかを考えて環境に慣らしていくようにしなければいけません。

特に注意したいのが生まれつき内向的な性格をした犬で、自宅に初めての人が来たりしたときに激しく吠え立てたり、散歩中に他の犬とすれ違うと機嫌悪く唸り声をあげるといったことを頻繁にするなら要注意です。

こうした仕草をする犬は自分の知らない場所や人、他の犬を目の前にしただけで心理的圧迫感を感じてしまいますので、なんの準備もなく突然ペットホテルに預けるようなことがあると1日でも相当神経をすり減らしてしまいます。

そうしたことがないように特に用事がないという時期でも少しずつ知らない場所に連れていったり、いつも行く病院に預けてある程度その場所に慣らしておくようにするなど訓練をしていきましょう。

どうしてもストレスがあるなら自宅で世話をしてもらう

あまりにも人見知りが激しくて他の場所に預けるのが難しいという場合には、自宅で誰かに世話をお願いするということもできます。

ペットシッターという便利なサービスがありますし、親類や友人などある程度気心がしれている人に一日のうち特定の時間にだけ自宅に来て犬の様子を見てもらうということができます。

ただしこれも普段見かけないような全く知らない人が突然世話に来てしまってはますます警戒感を強めてしまいますので、その前にちょっとずつ犬に慣れてもらうためのお試し期間を設けておく必要があります。

あまりにも置き去りにされた期間が長くなると犬の飼い主さんへの信頼感も損なわれてしまいますので、十分に犬の性格を理解したうえで最適な方法をとっていきましょう。