鳥編

投稿日: カテゴリー: ペットに与えてはいけない物

鳥には食べてはいけない食べ物がある

他のペット動物と同じように、人間が問題なく食べているものでも、鳥が食べてしまうと体に害がある食べ物がたくさんあります。
そのような食べ物をきちんと知っておき、万が一にも鳥が食べてはいけないものを与え、大事なペットに苦しい思いをさせてしまわないようにしましょう。

他の動物と共通して与えてはいけない食べ物

犬や猫など、他の動物と共通して食べさせてはいけないものがいくつかあります。
噛んだ時、細く鋭く尖りやすいので、気道や食道に突き刺さる危険性の他、つついた時に思わぬ怪我をする可能性もあるので、鳥や魚の骨は、誤って鳥がつついたり噛んだりしないよう、気をつけてあげてください。

また、鳥もタマネギ中毒になるので気をつけましょう。
タマネギ中毒は死んでしまう危険性まである、怖いものです。
何故タマネギ中毒が危険なのかと言うと、赤血球が破壊されてしまうからです。
ニラ、ニンニク、タマネギ、ネギが主なものといて挙げられます。

この他、カフェインも良くありません。
これも中毒死してしまうことがあり、主なものとしてはコーヒー、ココア、お茶、紅茶のような飲み物の他、チョコレートも入ります。
カカオ成分の割合が高いチョコレートは、カフェイン量も多いため、特に体の小さな個体の多い鳥では、少量でも中毒が起きる危険性があります。

生卵は卵白に含まれる成分によって、食欲不振や皮膚炎、脱毛・疲労といった症状を引き起こします。
人間用の加工食品や食事も、糖分や塩分をはじめとして不要な栄養分が多く含まれているので、与えてはいけません。
香辛料も下痢を起こすことがあるので、食べさせないようにします。
ソラニンが含まれるので、ジャガイモや未成熟なトマトも避けてください。
ドッグフードも日常的に与え続けていると、心臓に影響を及ぼしたり、栄養不良を起こしたりする可能性があるので、与えないようにしてください。

鳥が食べてはいけない、注意したい食べ物

生の豚肉は寄生虫がいる可能性が高いので、豚肉を与えたい時は、必ず十分に加熱してから与えるようにしてください。

オウムやインコには食べ物を口移しする習性がありますが、人間が鳥に口移しで食べ物を与えてはいけません。
人の唾液の中には無数の最近が含まれており、そのせいで体調が崩れることがあります。

鳥にはそ嚢と呼ばれる食道が膨らんだ器官があり、食べたものをそこに一旦貯めますが、そ嚢には普段からカビや細菌が存在しているので、腐りやすい食べ物がもし入ってしまうと細菌類が増殖し、そ嚢炎という美容機を引き起こしてしまいます。
そのため、うどん、パン、炊いたご飯など炭水化物の多いものは避けましょう。