猫編

投稿日: カテゴリー: ペットに与えてはいけない物

猫に食べさせてはいけないもの

人間が普通に食べていても、猫に食べさせては駄目なものが意外と多くあります。
ただ、猫には個体差があり、危険度が低いものでも重症化したり、危険度が高いものでも大丈夫だったりということがあるので、もし猫が食べてはいけないものを食べてしまった時は、しばらく気をつけて様子を見るようにしてあげましょう。

猫にとって最も危険な食べ物

犬と同じく、猫もタマネギ中毒になります。
症状の出方も大体同じで、赤血球が破壊されて中毒死を起こすことがあるため、十分気をつけるようにしてください。
タマネギ中毒が引き起こされるのは、タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラを食べた時です。

カフェインが入っているものも、中毒死する危険性があるため避けましょう。
コーヒー、紅茶、お茶、ココア、チョコレートは避けるようにしてください。
チョコレートは、カカオ成分の割合が高くて苦いものほど、カフェインの含有量が多くなるので気をつけてあげてください。

トキソプラズマ病になる可能性があるので、生の豚肉も与えてはいけません。

猫にとって中程度の危険がある食べ物

消化不良やビタミン欠乏症を起こす危険性があるのが、イカ、タコ、エビ、カニ、クラゲ、貝類です。
また、生卵を猫が食べると食欲不振、皮膚炎、脱毛・疲労といった症状が出ます。
これは、アビジンという物質が卵白に含まれているため、ビオチン欠乏症になってしまうことが原因です。

この他、ぶどうやレーズンを食べてしまうと腎不全になってしまうことがありますし、マカダミアンナッツは中毒を起こしてしまうことがあります。
また、人間用の乳製品、人間用の牛乳は下痢を起こす原因となることがあります。
香辛料も、腎臓や肝臓の疾患の原因になる可能性があるので避けます。
猫は香辛料が好きではないですし、栄養的に見ても不要で、下痢になる可能性もあります。

猫にとっての危険度は低いが、食べさせてはいけない食べ物

人間用のパンは、猫にとっては塩分が高いですし、乳製品も使われている可能性が高く避けた方が良い食べ物です。
もし食べてしまうと、消化管の中で膨らんでガスが発生することもあります。

また、骨や筋肉に影響を及ぼすビタミンA中毒を引き起こす危険性があるのが、大量のレバーを食べた時です。
更に、食道や気道に刺さってしまうことがあるので避けるべきなのが、魚や鳥の骨です。
特に、猫に魚を1匹まるごと与えたり、骨がついたまま与えたりする場合は、気をつけてあげてください。
噛んだりなめたりしてしまうと、中毒になることがあるのがヒキガエルです。
できれば、猫がヒキガエルに近づかないようにした方が良いでしょう。

なお、ドッグフードを与えるのも良くありません。
少量なら問題ないことの方が多いですが、必要な栄養素が猫と犬では違い、自分の体内で合成できる栄養素も違うので、日常的に与えていると心臓に影響を及ぼす疾患になったり、栄養不良になったりする可能性があります。