ハムスター編

投稿日: カテゴリー: ペットに与えてはいけない物

ハムスターが食べてはいけないものがある

他の動物や人間が普通に食べているものでも、ハムスターにとっては体に良くないものであることがあります。
それも、私達が思っているより多いので、大事なペットを知識不足で辛い目にあわせてしまわないよう、きちんと知っておきましょう。
ハムスターはとても小さな動物ですので、ちょっとのことでも重症化しかねません。
特に気をつけてあげる必要があります。

ハムスターに食べさせると害があるもの

犬や猫と同じように、ハムスターにとってもカフェインは良くありません。
食べると中毒死することがあるので、気をつけましょう。
コーヒー、紅茶、お茶、チョコレート、ココアが主なものとして挙げられます。
カカオ成分の多いチョコレートは、その分カフェインも多くなっているので特に気をつける必要があります。
また、これも犬や猫と同じですが、ハムスターもタマネギ中毒になることがあります。
タマネギ中毒になると、赤血球が破壊されてしまうので、中毒死する危険性があります。
ネギ、タマネギ、ニンニク、ニラがタマネギ中毒を起こす主な食べ物です。

卵白に含まれている物質の中に、アビジンというものがあるのですが、このせいでビオチン欠乏症になってしまい、食欲不振、脱毛・疲労、皮膚炎といった症状が出ることがあるので、生卵は与えないようにしましょう。
魚や鳥の骨を与えると、鋭くなってとがりやすいので、食道や気道に刺さる可能性があります。

ハムスターには果物や野菜を与える人もいますが、バラ科の種子にはアミグダリンという毒性のある物質が含まれており、心臓麻痺や呼吸困難を引き起こすことがあるため、気をつける必要があります。
バラ科の果物の主なものとしては、あんず、梅、もも、さくらんぼ、びわがあります。
ステロイドアルカロイドであるソラニンが含まれているため、未成熟なトマトやジャガイモも与えてはいけません。
アボカドも中毒を起こすことがあるので、気をつけてください。
どんぐりは芽の部分にタンニンを含んでいるので、腎臓や肝臓に障害が起こることがあります。

ハムスターに与える人はあまりいないかもしれませんが、レバーも与えてはいけないものの1つです。
これは、ビタミンAを多く含んでいるため、たくさん与えるとビタミンA中毒になる可能性があります。
また、人間用の加工食品や食事は、ペットには必要のない塩分や糖分などの成分が多く含まれているので、与えないようにしましょう。
もちろん、香辛料も下痢を起こすことがあるので、与えてはいけません。

そして、粘度の高い食べ物も避けなくてはいけません。
上手く取り出せないと雑菌が繁殖してしまい、炎症を起こすことがあります。
麺類、ご飯など炭水化物の多い食品がこれにあたります。