ウサギ編

投稿日: カテゴリー: ペットに与えてはいけない物

ウサギに食べさせてはいけないもの

人間や他の動物にとっては美味しいと思え、体に良いものであってもウサギにとっては食べてはいけない、体に良くないものであることがあります。
中には、死んでしまう危険性があるものもあり、きちんと知識を持っておかないと、取り返しの付かないことになってしまうこともあります。
もちろん、ウサギにも個体差がありますので、必ずしもそれを食べたからと言って、重症化するというわけではありませんが、危険のあるものは食べさせないようにするのが一番です。
逆に、危険性が少ないものでも重症化することがあるので、食べさせると害があるものはどんな場合でも、食べさせないことです。

ウサギが食べると害がある食べ物

犬や猫と同じく、ウサギもタマネギ中毒になります。
タマネギ中毒は、赤血球が破壊されてしまうことによって、中毒死につながる危険があるので絶対に食べさせないようにしましょう。
タマネギの他、ニラやニンニク、ネギも駄目です。

カフェインが入っている食べ物も、ウサギにとっては危険です。
これも中毒死の危険があるので、口に入れないように気をつけてあげてください。
主なものとして、紅茶、お茶、コーヒー、ココア、チョコレートがあります。
中でもチョコレートは、カカオ成分の含有量が高いものほど危険なので、より注意が必要です。

腎不全を起こすことがあるので、レーズンやぶどうは与えないようにしましょう。
鳥や魚の骨は、噛んだ時に鋭くなりやすく、食道や気道に刺さることがあります。
生卵をそのまま与えると、卵白に含まれているアビジンという成分が原因で、ビオチン欠乏症になってしまい、脱毛・疲労、食欲不振、皮膚炎になることがあります。
マカダミアナッツも中毒を起こす原因になることがあります。

また、アボカドもサポニンという物質を含んでいるため、肝臓障害を引き起こしてしまうことがあります。
ウサギは野菜が好きなイメージがあるので、つい与えてしまいそうになりますが、ホウレンソウやセロリは与えてはいけません。
これは、シュウ酸を含んでいるため、腎臓や肝臓障害が起こることがあるからです。
同じ症状を引き起こすものとして、他にレンコンやゴボウがありますが、こちらはシュウ酸ではなくタンニンが原因となります。
野菜で注意したいのは、この他に未成熟なトマトやジャガイモがあります。
これらの場合は、ステロイドアルカロイドであるソラニンが含まれているためです。

糖分や塩分など、ウサギには必要のない成分が多く含まれているため、人間用の加工食品や食事は与えてはいけません。
この他、香辛料や人間用のパン、ドッグフードも避けてください。
いずれも、ウサギにとっては体調を崩してしまう原因になります。