夏のペットの食事

投稿日: カテゴリー: スタッフブログ

毎日暑い日が続き、人間もペットもやり過ごすのが大変な時期になりましたね。
当病院でも、暑さで体調を崩してしまったワンちゃん、ネコちゃんの姿が目立つようになりました。
夏の暑い時期の過ごし方として、熱中症対策や冷房による冷えすぎに注意しなければならないというお話を以前にご紹介しましたが、それに加えて夏場というのは、ペットの食事にも配慮が必要になります。

ペットフードには、固形状のドライフードのほかに、缶詰に入ったウエットフードやレトルトパック、その中間にあたるセミモイストというタイプなど多くの種類がありますが、ドライフード以外では開封してから時間が経つと傷みやすくなるという特徴があります。
そのため、ペットの食べ残しに注意を払い、痛み始める前に早めに片付ける配慮が欠かせないものとなるのです。
とくに猫の場合、「猫食べ」という言葉があるように、一度に全てを食べるのではなく、何度かにわけて少しずつ食事をする、という習性をもっているので注意が必要です。

あとから食べることが分かっているものを片付けるのは、飼い主としてはこころ苦しいでしょうし、猫にとってもストレスとなってしまう可能性があります。
しかし、そのような場合ははじめから缶詰を丸ごと一缶与えるのではなく、小分けにして猫の食器に盛るなど工夫をして、食べかけの缶詰やウエットフードがそのままの状態で放置されないようにしてください。

また、同様にしてペットの飲料水の鮮度にも注意が必要です。
水というのは、汗をかかないペットにとって、暑さから身を守るためにとても重要なものとなりますが、これもまた、夏は傷みやすくなるのです。
水用の食器は複数を用意し、こまめに中身を変えるようにすることで、ペットがいつでも新鮮な水を飲むことができるように準備をすることもまた、飼い主の義務のひとつと言えるのです。
そしてもちろん、好きな時に好きなだけ水が飲めるようにしっかり補充することも大切です。
動物は自分で水道をひねって水を飲むことなどできませんから、水を得るためには飼い主が用意してくれているものが頼りです。

もし、飼い主が水を補充するのを忘れれば脱水症状に陥る危険性すらあるのですから、その責任は大きいのですよ。
タンクがついていて、自動的に水を補充してくれる食器も市販されていますから、そのようなものを活用するのもいいですね。
だだしその場合にも、定期的な交換はお忘れなく。