手作りの猫おもちゃ

投稿日: カテゴリー: スタッフブログ

猫を飼っている方は、愛猫のためにさまざまなおもちゃを買い与えているということが多いのではないでしょうか?
しかし、ご存じのとおり猫はとても飽きっぽい動物。
せっかく新しいおもちゃを買ってあげても、すぐに飽きて見向きもしなくなるということも少なくありません。
そのたびに新しいものを買っていてはきりがありませんし、猫のわがままもどんどんエスカレートすることになります。
また、ひとくちに猫のおもちゃといっても、猫の性格や好みによってどのようなものを気に入るかは変わっていきます。
愛猫がどのようなおもちゃを好むかは、飼い主さんが一番よく分かっているのではないでしょうか?
そして、飼い猫の好みに会うおもちゃがなかなか市販されていない…という悩みを抱える方も多いかもしれません。

そのようなときには、猫のおもちゃを手作りしてみてはいかがでしょうか?
猫は、わざわざお金をだして買ってあげたおもちゃでは遊ばずにスーパーマーケットのレジ袋やパンの袋を留めていた針がね、紙くずなど妙なものであそんでいることがあることからもわかるように、ちょっとした動きのあるものなら何でも遊び道具にしてしまいます。
そのため、どのようなものでも猫のおもちゃとして活用することができるのです。

たとえば、毛糸を「編みぐるみ」の要領で小さく編み、中に綿などを入れて閉じれば転がして遊ぶことができます。
さらに綿と一緒にマタタビのパウダーを入れたり、フィルムケースなどのカプセル状の容器に鈴や小石などを入れて音が出るようにしてもいいでしょう。
紐状のものが好きな猫であれば、壊れた猫おもちゃの棒などをとっておいて再利用すると便利です。
そういった棒がないときは手頃な長さの棒を用意してください。
細めの菜箸なども使えるかもしれません。
棒の先にビニールひもや毛糸、細く切ったセロハンなどを固定すればそれだけでおもちゃの完成!
また、上記の要領でつくったぬいぐるみをひもの先に取り付けてもいいですね。
毛糸やビニールひもが軽くて動かしづらい時には、リリアン糸がおすすめ。
市販の猫おもちゃにも使われていることが多い素材で、適度な重さと丈夫さがあります。
なお、リリアンは100円ショップなどの手芸用品売り場や、スーパーのおもちゃ売り場で買うことができますよ。
手作りおもちゃをつくり、一緒に遊べば愛猫との親密さもよりアップするはずです。
ぜひお試しください!