ブラッシング指導

投稿日: カテゴリー: スタッフブログ

初めまして!白ひげ動物病院で看護師をさせていただいております七重です。
今日は、「猫のグルーミングを覚えたい」と言う方に、簡単なグルーミングの仕方を指導させていただきました。

猫はもともと自分でグルーミングができる動物です。
猫を良く見ると自分の体を舐めていることがあると思いますが、あれがグルーミング。
基本的には、自分で体を綺麗にすることができる動物なのですが、毛の長い猫だと自分だけで行うグルーミングには限界があるので、飼い主さんがしっかりとグルーミングのお手伝いをしてあげる必要があります。
グルーミングの基本は、やはり「優しくなでるように毛をとかしてあげる」と言うことでしょう。
「しっかり綺麗にしなければ!」と言う思いがあると、どうしても手に力が入ってしまいがちですが、にあまり力を入れて梳かすと痛いのは人間と同じ。
猫の毛を梳かす時は、あまり力を入れずに、優しく髪をなでる様にやってあげて下さい。

今日、指導させていただいた方の猫は、毛並みが見事なペルシャ猫。
あまりに見事な毛なので、飼い主さんも「毛を大切にしてあげたい」と思われ、自分の手でグルーミングをしてあげたいと思われたそうです。
練習をしているうちに、すっかりグルーミングにも慣れ、猫の方も気落ちよさそうに飼い主さんに体を委ねていました。
こういう時間も、ペットと人間のコミュニケーションになりますので、たまには時間をとってゆっくりとグルーミングをしてあげて下さいね。

また、猫をお風呂に入れる場合は注意が必要です。
基本的に、猫は水やお湯などに入るのが大嫌い。
でも、シャンプーなどをする為に、お風呂で体の汚れを落としてあげるのは大事なことです。
猫のシャンプーをする時は、暴れた表紙に爪で手を引っかかれない様に爪を切っておくことが大事。
大きくなった猫なら尚更、爪を切っておかないと深く引っかかれてしまうことがあります。
あまり深く爪を切ってしまうと、血が出てしまうこともありますので、深く切り過ぎないようにすることも大切です。

よろしければ、爪の切り方やお風呂の入れ方などもしっかり指導をさせていただきますので、遠慮なくスタッフにお申し付け下さい。
ペットを飼う上で、解らないことがあったら、何でも聞いていただけると嬉しいです。
聞いていただけることで、こちらも初めて勉強することができることもありますし、飼い主さんはこういうことで悩むんだなと言うことを知るきっかけにもなります。
スタッフも、日々勉強!なのです。