犬のための手作りごはん

投稿日: カテゴリー: スタッフブログ

みなさんは、愛犬にどんなご飯を与えていますか?
ドッグフードには多くの種類があり、その内容もまちまち。
以前以後紹介したように、素材にこだわりぬいて作られたヘルシーなオーガニックフードから、品質にやや不安のある廉価品まであらゆる種類のフードが店頭には並んでいます。
その中から適切なフードを選ぶのはとても難しいようで、当院へ来る患者さんの質問の中でも特に多いのがこの「フードの選びかた」です。
基本的には、ワンちゃんの年齢や種類、体格によってフードのタイプを決め、その中から予算やワンちゃんの好み、飼い主さんの生活スタイル似あわせたフードのタイプ(缶詰かドライか、などですね)を決めるようにすることをおすすめしています。
何度もお伝えしているように、極端に安い価格のものは避け、原材料の産地や肉の種類などが明記されたものを選ぶこともたいせつです。

いくら愛犬がかわいいからと言って、人間と同じものを食べさせるのは禁物。
昔はよく、犬や猫の食事として残りご飯に味噌汁をかけたものなどが利用されていましたが、これは犬にとって有害になってしまうことがあります。
まず、人間の食事は犬にとっては塩分が強すぎるのです。もちろん、猫ちゃんの場合も同様。
さらに、ネギ類は犬や猫にとっては中毒を起こす可能性があるので絶対に食べさせてはいけない食品。
人間が食べているものを与えることは、とてもリスクが高いのです。

もし、愛犬のために手の込んだ食事を用意してあげたいと考えるのなら、犬のための素材や味付けを理解し、専用の手作りごはんを作ってあげてください。
犬の手作りごはんの基本は、「穀物」「野菜」「肉」を基本にしてバランスよく食材を組み合わせること。
肉の代わりに魚を使ったり、野菜の代わりに果物を使ったりしても構いません。
味付けはごく薄くが基本で、そのかわりに出しをつかって風味付けをします。
人間の食事に慣れてしまうと、犬も濃い目の味付けを好むようになってしまいますから、はじめから薄味にすることが重要です。

そのような基本さえ守れば、あとは自由自在。
簡単にご飯や野菜を煮込んだものから、パスタを利用したおしゃれなもの、肉をメインにした豪華なメニューまでバリエーションは豊富ですよ。
もちろん、毎日のことなのでなるべく作りやすいものを選ぶことも大事。
また、忙しい時には無理をせずに市販のフードを併用するのもいいでしょう。