メインクーンのトリミング情報

メインクーンの体質・毛質

メインクーンは成猫になったときに非常に大きなサイズになることでよく知られる猫種です。

別名「ジェントル・ジャイアント」と言われることもあり、体の大きさに似合わず温厚な性格で非常に賢いということで海外では人気の猫種として知られます。

メインクーンのもう一つの特徴が体全体を覆う長い毛並みで、体全体が豊かな毛並みで覆われています。

ちなみにメインクーンの原種はニューイングランド地方のメイン州ということで、現在もメイン州ではメインクーンを「州猫」としてシンボルとして使用しています。

米国内で発見された最古の品種とも言われているので、日本よりもむしろ米国で多く親しまれている種類と言えるかもしれません。

なお成猫になったときの体重は平均でも6~8kgくらい、大きいものになると10kgを超えるというのでほとんど大型犬と変わらないくらいのサイズです。

メインクーンの基本的なカット方法

基本的に猫は犬のように定期的なトリミングはあまり必要とされないのですが、体が大きくかつ毛の多いメインクーンとういった猫種においては健康面を考えあえてカットをするということが推奨されています。

特に夏場になると日本ではかなりの湿度と温度になるので、初夏の頃に体の毛の大部分をカットしてしまい体温調節をしやすくするという方法がすすめられます。

飼い主さんにしても夏の時期にメインクーンの毛が抜け落ちるとすさまじい量の毛が室内に落とされることになるのでそれを予防するという意味もあります。

自宅でもできなくはないのですが、なにせ非常に体が大きくたくさんの量を刈るので一般向けのバリカンやハサミでは切っても切ってもなくならないという感じになってしまいます。

できればプロのトリマーさんにまかせてしまう方がよいと思います。